FC2ブログ

日本フィンランドむし歯予防研究会設立10周年記念シンポジウムに参加して

インプラント・ホワイトニング・予防・歯周病・床矯正の熊本市のまちだ歯科クリニック 院長の 町田 宗一郎です。

今回参加してきたのは、インプラントや審美の学会ではなく、むし歯予防に関するシンポジウムです。

クリニックに、むし歯になったことがないという方がお越しになるのは、まだまだ少ないのですが、そういう方に、『むし歯にならないように気をつけていることがありますか?』とお尋ねすると、『痛くなくても定期的に歯医者に検診に行っています』とか『歯みがきを食後毎回します』とか、あるいはたまに『歯をそんなに磨かないけど、むし歯にならない』という方もいらっしゃいます。

この中で、歯をそんなに磨かないのにむし歯にならないという方に注目すると、
むしば菌に感染していないことが考えられます。
また、食習慣としてシュークロース(砂糖)の摂取が少ない方もいらっしゃるようです。

近年は、育児雑誌等でも、子供さんへの食事を食べさせる際は、親御さんのスプーンでは行なわないようにとかいてありますので、ご存知の方も多いかとは思いますが、
あらためて、お話しますと、

むし歯原生菌であるミュータンス菌は、生まれたての赤ちゃんの口腔には存在しません。
乳幼児のう蝕は、同じスプーンを共有してものを与えたり、噛み与えをする際に、周りの大人からだ液を通じて感染し、そのまま口腔内に繁殖し、発症してしまうケースが多いと考えられています。

子どもたちのう蝕原生菌を減らすには、まず母親を含めた周りの大人たちが、むし歯を予防し、口腔内のミュータンス菌を減らすことが大切だといえるでしょう。

妊産婦さんのキシリトール摂取が、出産後の乳幼児のむし歯感染を予防することに効果的である ということがわかりつつあります。

岡山大学の仲井博士が行なっている「妊娠期から始めるう蝕原性菌の母子伝播予防」の研究です。

仲井博士は、産婦人科と連携を取り妊婦にキシリトールを摂取してもらい、出産後のミュータンス菌の感染予防にどのような効果があるかを調査。う蝕予防の分野で意識改革が遅れる日本で、世界初の研究として注目を集めています。

今回の日本フィンランドむし歯予防研究会設立10周年記念シンポジウムには、この仲井博士も出席され、この研究について報告されました。

むし歯予防先進国のフィンランドのトゥルク保健センターでは、う蝕リスクが高い妊婦に、キシリトール摂取を指導しているそうです。

日本でも今後、感染予防の観点でのむし歯対策が進んでいくと考えられます。

当クリニックでは、予防ルームを設置しており、専任の歯科衛生士が、皆様に合ったむし歯予防方法を提示しております。

今後は、さらに妊産婦さんに対してのキシリトール摂取についても指導していきたいと考えておりますので、ご質問等がありましたら、遠慮なくお聞き下さい
スポンサーサイト

tag : むし歯 予防 フッ素 キシリトール 妊婦 子供 乳幼児 感染

日本フィンランドむし歯予防研究会 設立10周年記念シンポジウムに参加してきました!

去る10/28(日)に東京で行なわれた 日本フィンランドむし歯予防研究会 設立10周年記念シンポジウムに まちだ歯科クリニック 院長 町田 宗一郎とともに出席してきました。

これまでも、子供さんのむし歯予防にフッ素キシリトールをお勧めしてきましたが、
医療は日進月歩というわけで、最新の情報を聞くべく参加したのです。

むし歯にならないように歯磨きをしよう!ということは、皆さん子供の頃から家庭や学校で言われ続けていることと思いますが、
クリニックにお越しの方に『歯磨きを1日3回はしているんだけど・・・むし歯になった』とよく言われます。

磨き方が下手だから?甘いものを食べるから?歯の質が弱いから?

そのどれもが実際にむし歯の要因としては大きくかかわっています。

お口の状態を健康に保つには
口腔保健行動の四葉のクローバー
 
1.歯を磨くこと(ブラッシング):手や顔を洗い、体を清潔に保つことと同じように、歯を清潔に保つための基本であるブラッシングをしましょう。

2.フッ素入り歯磨き剤を上手に使いましょう(フッ化物の応用) :歯を硬くしてむし歯になりにくくする

3.発酵性の食品が口の中にたまる時間を短くすること(正しい食生活

4.これらの手段がきちんと機能しているか定期的にチェックすること(定期的歯科健診

そして、キシリトールを使う(食べる、摂取する)ことはこれらの手段の効果を向上させます。
(追加型むし歯予防法)

キシリトールは、プラークをはがしやすくし、ブラッシング効果を向上させます。
フッ素と一緒に使うことでより歯を硬くする効果を向上させます。

上の図の四葉のクローバーのそれぞれの歯っぱが、歯の健康を守る重要な要素であり、茎がキシリトールです。
葉っぱが大きくなるには、茎がなくてはならないし、葉っぱがなくて茎だけでは大きくなりようがありません。

キシリトールについての詳しい説明は、優和会ホームページhttp://www.dent-yuuwakai.jp/にアップしていますので、参照下さい。

当たり前のことを当たり前にやることが、健康へつながります。

そのお手伝いをしていきたいと、また、心を新たにして帰ってきました。

託児をご利用になった方からのうれしい声

こんばんは

子育て中の方を応援する、熊本市のゆみこ歯科クリニックです。

ゆみこ歯科クリニックの託児システムは平成15年の開院当初より行なっておりますが、
このたびのホームペーシ開設後、検索をして当院をご利用くださるお母さんが少しずつ増えてきております。

これまでは、ママ友の口コミが主流でしたが、インターネット検索からという方へ今後もサービスを充実したいと考えて、ご利用後のアンケートを実施し始めました。

その中から感想をいただき、掲載の許可をいただきましたので、
一部、ご紹介いたします。

N.F ママ 
『初めて託児をお願いするので不安でしたが、とっても良い経験になり、良かったと思います。
先生も優しいので、次もお願いしたいと思います。』

  スタッフより~子供さんを人に預けるというのは特に最初は不安だと思いますが、保母資格を持ったスタッフと子育て経験のあるスタッフがお子さんに会えるのを楽しみにしていましたよ。また、次にお会いするときは、大きくなっていることでしょうね。治療も最後まで通っていただき、ありがとうございました~


妃莉(ひまり)ちゃんのママ
『子供を誰かに見てもらう心配が要らず、子供と一緒に来ることができて、安心して治療することができるので、とても良いと思います』

  スタッフより~天使のような寝顔の妃莉ちゃん        ひまりちゃんの寝顔

写真を撮るときもついに起きませんでした。 この次の定期検診のときは、パッチリお目目のお写真を撮らせてくださいね

託児室を作った理由

昨日は、久しぶりに、診療後スタッフと食事に行きました。

ゆみこ歯科クリニックには、私を含め、子供のいるスタッフが4名います。
今日は、そのうちの一人が不運にも胃腸炎ということで、スタッフ6名+子供4名での食事会となりました。

その中で1番年下の子は、まだ2歳。
開院当初からのスタッフの子供さんです。
おなかの中にいるときからクリニックのアイドルで、だいぶおしゃべりも上手になりました。
スタッフが産休、育児休暇を経て職場復帰してくれて、ゆみこ歯科クリニックスタッフは入れ替わりもなく、ある種、私の家族のようなものです。

その子を見ていて、わが子がまだ小さい頃のことを思いおこしていました。

出産後、私が就職先を探したときに、子供が小さいという理由で、それまでのキャリアに関係なく就職できなかったこと。

哺乳瓶でミルクを飲まず、母乳で育てており、誰かに預けての外出もままならなかったこと。
特に、私の両親も親戚もいない遠方に住んでいたこともあって、話し相手もいなくて、子供が寝ている時間のインターネットで、同じような仲間を探してはほっとしていた頃。

たまに行く外食も、ひざに子供を抱っこして、ゆっくりできなかったなあ。
などなど、子供の小さい頃の制約というのは少なからずママさんたちが経験したことでしょう。

今となっては、いい思い出なのですが、なんといっても初めての子供のときは、何もかもが楽しいだけではなく、大変!!

その後、幸いにもまた、歯科医師としての道に復帰できたわけですが、
それもこれも子育て中の自分をサポートしてくれる体制を提供してくれた医院のおかげ。感謝しております。

今は、ゆみこ歯科クリニックを開院して5年目となりました。
当初、スタッフのための託児室も作ろうかと、いろいろ役所関係等も調べましたが、それは断念。

しかし、子供さんが小さくて治療のいくこともままならないお母さん方のために託児室だけは必ず作ろうと、我がゆみこ歯科クリニックを設計してくれた友人tatuzo事務所の達三君にお願いしたわけです。

近年は、子供連れでも行ける美容室なども多くなってきたようですし、世のお母さんたちもなりふり構わずという時代ではなくなってきました。

私は、歯科診療を通して、お母さんたちをバックアッップしていきたいと思います。

blogを通して‥

こんにちは
熊本市のゆみこ歯科クリニック 院長 町田 由美子 です。

ブログを通して、ゆみこ歯科のスタッフ一同で、診療のことや日常思うことなどを皆さんにお知らせできればと思っています。

まずは、院長の私から・・・とはいっても、私も人の子、2児の母。
というわけで、仕事以外にも興味のあることや日常のつれづれも含めて不定期に更新いたします。

さて、歯科医師になり、結婚して、子供が生まれて、自分のクリニックを開院して・・・と気がつけば、かなりのスピードで日々が過ぎていきます。

ついつい、『忙しい』が口癖となり、鏡の中の自分を見つめると、
眉間にしわが・・・

わが子に接するとき、『急いで!』とか、せかしたりして・・・。子育て中のお母さんには少なからずあることですよね。

とにかく、ふーっと息をついて、心を落ち着けて、まずは、にっこりと笑顔を・・・
それだけで、子供もにっこり。

我妹たちからもらった絵手紙(作者不明)をふと見上げると・・・そこには
今日も明日もあさってもいつでも笑顔でお出迎え
の文字が・・・

いつでも笑顔でお出迎え


笑顔の魔法はとても素敵です。
それに付け加えて、『ありがとう』の魔法の言葉を・・・

クリニックにお越しになる患者さんたちにも笑顔を!
の気持ちで、明日も頑張ります
メール無料相談(24時間受付)

名前:
メール:
件名:
本文:

お電話での問い合わせ
まちだ歯科クリニック 096-212-4800

ゆみこ歯科クリニック 096-319-4181

最近の記事
目次(項目一覧)
ご紹介
ブログ内検索
プロフィール

blog管理人@satou♪

Author:blog管理人@satou♪
※写真の掲載削除を希望される関係者の方は、管理人までご連絡ください。

医療法人社団 優和会

まちだ歯科クリニック
熊本市西区野中2丁目-13-13
TEL 096(212)4800
院長 町田 宗一郎

ゆみこ歯科クリニック
熊本市西区小島上町246-1
TEL 096(319)4181
院長 町田 由美子

※両院ともに完全な予約制ではございませんが、お待ちいただく時間が少しでも短くなりますように事前に診療のご予約を承っております。はじめての方でも、お久しぶりの患者さまも、お電話でご予約をお受けいたします。ご遠慮なくお問合せ・ご予約くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

更新月別一覧
優和会 STAFF BLOG QRコード
QR