FC2ブログ

我が子とともに環境セミナーに行きました

こんにちは
熊本市の床矯正、ホワイトニング、歯周病、特殊義歯のゆみこ歯科クリニック院長の町田由美子です。

我が熊本市が主催される環境セミナーが毎月、市の広報紙に掲載されているのはご存知のことと思います。

熊本市画図にある環境総合センターでは、子供たちが環境について考えるセミナーを毎月行っているので、歯科のセミナーと重ならないときはなるべく応募しています。
堅苦しくはなくて、子供たちが実際に実験をしたりして、環境について考える”気づき”を与えてくれるとてもいい機会です。

以前に参加したときは、太陽エネルギーについてで、太陽エネルギーで電力がおこる実験や、太陽の熱エネルギーで、お湯を沸かす実験でした。
親である私は、その後、UVビーズを使った携帯ストラップ作りをしました。

先日行われたセミナーは、牛乳パックから紙作りと牛乳パックでの工作を行い、リサイクルを考える内容でした。
私自身も結婚前は自宅ではがきをつくったりしていたので、実ははがき作成用の木枠も金網も持っているのです。
でも、最近はいざ自宅でとなるとなかなかせずにいて、これを機会に子供がのりのりなので
休日にまたやってみようかと思っています。

ところで、今回のテーマ
4Rとは
環境保護をするような生活習慣の実践についての頭文字をとったものです。

私たちはつい、便利さや快適さを求めてしまいがちですが、ゴミを出さないことが、すなわち、空気、水、土壌、自然生態系などの環境悪化を予防、改善し、また、資源やエネルギーの節約になる、やさしい生活になるのです。

ドイツ、スウェーデン、デンマークなどの環境保護先進国では、盛んに行われている活動です。

Refuse リフューズ (発生源から絶つ、やめる、ことわる)
:日本ではこの項目を除く3Rが一般的です

不必要なものは、買わない、使わない、もらわない。
買い物に出かけるときは買い物袋を持参し、レジ袋を断る
環境に悪いものは使わない
エネルギーの無駄遣いはやめる

Reduce(量を減らす、無駄遣いを減らす)
パックされた製品の代わりに量り売りの製品を購入する
使い捨てのものは遣わないようにする。
ノートや紙を大切に使い、紙の使用を減らす

Reuse(再利用、同じものを何度も使う)
フリーマーケットやリサイクルショップを活用する。
使い捨ての容器でなく、牛乳瓶やビール瓶など、何度も使える瓶の製品を買う。
詰め替え用のものを買う。

Recycle(再生、再生できるものは資源回収に出す)
古新聞や古雑誌をリサイクルに出す。
再生紙の製品を買う
エコマーク、グリーンマークの商品を利用する。

自分の生活に置き換えてみると、かなりこの4Rとかけ離れてはいないでしょうか?
知っていると、ものを買うとき、捨てるときなどに、一瞬ふと考えてものを選ぶようになりますので、もっとそれぞれの活動を知りたい方は調べてみてください。

しかし、こうして活字にしてみると、子供の頃は、近所にはお肉屋さん、魚屋さん、八百屋さんがあって、お使いにいくときは、籐のかごをさげて行っていたことを思い出しました。
パックではなくて紙や新聞紙にくるんでもらって持ってかえっていましたよね。

今、私の家の近所には八百屋さんはありますが、その他の食品はどうしてもスーパーマーケットが多くなってしまいます。食事を作るたびにでてくるパック容器は本当にどうにかなりませんかね?

生ゴミは、EM菌と混ぜて土に戻しているのですが、ビニールとなるとやはり、ゴミにせざるを得ないですね。パック容器は、回収日に出せるのでいいけれど。

まあ、ほんと、生活の中の無駄も多いので、折に触れて子供と考える機会を持てるのは幸せですね。熊本市の取り組みに感謝です。
スポンサーサイト

五日市剛セミナー

インプラント・ホワイトニング・予防・歯周病・床矯正の熊本市のまちだ歯科クリニック 院長の 町田 宗一郎です。

ゆみこ歯科クリニックのブログでも紹介がありましたが、
去る2/3(日)鹿児島県鹿屋市で 五日市剛さんの
ツキを呼ぶ魔法の言葉の講演会がありました。

ゆみこ先生が『この本よんでみて、いいことが書いてあるから』と
小さな冊子を渡してくれて呼んだのをきっかけに、
書店で目にしたマキノ出版の本も数冊購入していました。

超多忙なスケジュールの中、こんなに近くまで講演に来てくれる機会はそうないと思い、
行ってきました。

魔法の言葉を知っている人は、逆境を乗り越え、いい方向へ好転しているというのは
紛れもない事実で、有名人なら、ゴルフの石川遼さん、早稲田大学野球部の斉藤祐樹投手などもその一人です。

予期せぬ出来事や逆境のときは、つい口から弱気なマイナス名言葉を発しがちですが、
口から出た言葉が、さらに次の状況を招くので、
とにかく、プラスの言葉を口にしよう。

ありがとう
感謝します
がとっさに出るようにしよう

そういうことを知っているだけでも、毎日がわくわく楽しい一日となると
今日も明日もあさっても、プラス思考ですごしたい自分です。

ツキを呼ぶ魔法の言葉

こんばんは
ホワイトニング、審美歯科、床矯正、特殊義歯、歯周病、託児の
熊本市のゆみこ歯科クリニック 院長 町田 由美子です

ツキを呼ぶ魔法の言葉

あまりにも有名になりすぎた五日市剛さんの著書ですが、皆さんご存知でしょうか?

いつだったか忘れましたが、1年半ほど前だったでしょうか。
私が知人からもらったのは小さな薄い自主出版の本でした。

1.嫌なことがあったら、すぐに“ありがとう”と言いなさい。すぐに言うと、いいことが起こるから。

2.逆に嬉しいこと、楽しいことがあったら、“感謝します”と言いなさい。そう言うと、またそう言いたくなるような出来事が起こるから。

3.人はね、しゃべった言葉通りの人生を歩むものなの。だから、マイナスの言葉はできるだけ言わないこと。汚い言葉、人を傷つける言葉は論外よ。

4.すべてのトラブルの元凶は「怒ること」なの。だから、絶対に怒らないで

五日市さんがイスラエルでであったおばあさんから教えてもらった言葉がエピソードとともに書かれていたその本を読んでから、私はすぐにA4の白い紙に、マジックペンで

ありがとう
感謝します
ツイてる

の3行を書き、

リビングの一番目立つところに貼りました。
(今でもまだ貼ってあります。)

そして、実践するように心がけています。
(といっても、結構感情的なB型気質ですので
ことあるごとに見ておかないと、なかなか身につかないと思ったので、なおのこと目に付くところに貼ったのですが。)

いまさら、何でこのことを取り上げているのかというと、
2/3(日)に、鹿児島県の鹿屋市で五日市剛さんの講演会を聞く機会に恵まれたからなのです。
(講演会情報は、私が鹿児島でお世話になった毛利歯科クリニックの院長先生のブログを見て、知りました。チケットの手配もお世話になりました。あらためて、毛利先生、ありがとうございます)

寒風吹きすさぶ中、鹿屋市民センターは超満員。

あらためて、言葉の魔法の力を感じ、また、五日市さんのユーモア交じりのお話に聞き入りました。

口コミから広がったこの素敵な言葉を、子どもたち、家族、そして私とかかわる皆様にもお届けできたらと思います。
メール無料相談(24時間受付)

名前:
メール:
件名:
本文:

お電話での問い合わせ
まちだ歯科クリニック 096-212-4800

ゆみこ歯科クリニック 096-319-4181

最近の記事
目次(項目一覧)
ご紹介
ブログ内検索
プロフィール

blog管理人@satou♪

Author:blog管理人@satou♪
※写真の掲載削除を希望される関係者の方は、管理人までご連絡ください。

医療法人社団 優和会

まちだ歯科クリニック
熊本市西区野中2丁目-13-13
TEL 096(212)4800
院長 町田 宗一郎

ゆみこ歯科クリニック
熊本市西区小島上町246-1
TEL 096(319)4181
院長 町田 由美子

※両院ともに完全な予約制ではございませんが、お待ちいただく時間が少しでも短くなりますように事前に診療のご予約を承っております。はじめての方でも、お久しぶりの患者さまも、お電話でご予約をお受けいたします。ご遠慮なくお問合せ・ご予約くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

更新月別一覧
優和会 STAFF BLOG QRコード
QR